国会論戦

国会論戦

全容解明に最も背を向けているのが総理だ!!

全容解明に最も背を向けているのが総理だ!...
2018年4月11日
今日の予算委。 安倍総理は核心に迫る質問には答弁に立たず、立ったら立ったで関係ないことを長々と答弁。私や野党理事は何度委員長に抗議したことか。 口では「全容解明が必要」と総理は言うが、全容解明に最も背を向けているのが総理だ!! ...続きを読む

野党4党予算委理事で記者会見

野党4党予算委理事で記者会見...
2018年4月9日
衆院予算委の理事懇が行われ、11日の集中審議開催が正式決定されました。 野党は、さらなる集中審議、証人喚問、そして佐川喚問の偽証や証言拒否について検討することを与党に迫りました。 理事懇の後、野党4党理事で記者会見。 野党は結束し...続きを読む

人事訴訟法等の一部改正法案について質問しました

人事訴訟法等の一部改正法案について質問し...
2018年4月6日
法務委員会で質問しました。今週2度目です。 国際結婚の増加に伴い日本の裁判所の管轄権が問題になるケースが増えています。 現行法には規定なく新たに規定を創設しました。 子どもの利益やDV被害者の権利を守るためには、新たな規定の運用を踏まえてさら...続きを読む

衆院法務委で大崎事件について質問しました

衆院法務委で大崎事件について質問しました...
2018年4月4日
衆院法務委で質問しました。 今から39年前の1979年に起きた大崎事件。 自白だけが証拠で、その自白の証拠能力も再審請求の中で否定されています。 4人の冤罪被害者のうち3人が他界しています(うち2人は自殺)。 無罪を訴え続け...続きを読む

衆院法務委で質問しました

衆院法務委で質問しました...
2018年3月30日
衆院法務委で質問しました。 三権分立の一翼を担う裁判所には政府に拘束されず定員や人件費を決める権限があります。 にもかかわらず最高裁は政府の「定員合理化計画」に協力し、6年連続して人員を削減。 国民の裁判を受ける権利(憲法32条)...続きを読む
過去の「国会論戦」については、ただいま準備中です。